【訪問着買い取り.com】信頼度No.1!訪問着買取業者選び高額査定業者ランキング!

訪問着買取における作家物の希少性

訪問着作家物

有名作家による訪問着があるらしい

着物の買取査定について、買取業者について色々調べていると、知らないことが結構あることに驚く方も多いようです。 着物にも洋服と同じようにブランドというものがあります。有名なブランドの着物であれば大変高価で、なかなか手にすることができないという方もいるほどです。リサイクル品であれば通常価格より安く手に入るため、着物のリサイクル品は大変人気があるのです。

だからこそ、着物の買取業者を是非利用して欲しいのです。要らなくなった訪問着がタンスの中に眠っていませんか? もしかしたら、有名作家の着物かもしれません。

ブランド物の着物と同様、有名作家による着物は大変希少価値があり、買取価格も驚くほど高価になることがあります。着物業界で有名な作家といえば、松井青々や吉乃一廉などでしょうか。 着物に関する知識がなければよく分からないという方もいるようですが、有名作家による着物の場合、それを証明する鑑定証のようなものが一緒に保管されていることがあります。

買取査定に出す場合はそれも一緒にお持ちになると査定がよりスピーディに行われます。もちろん、実績ある査定員が見れば、鑑定証がなくてもそれが本物であることはしっかり鑑定できますのでご安心ください。

訪問着買取で人気のある作家とは

訪問着の買取について色々調べていると、有名作家による着物があることを知ることになります。素人目に見ても、そのデザイン性にうっとり見惚れてしまうほど、大変魅力のある着物です。 訪問着買取の中でも人気があり、高額買取に繋がりやすいものがあります。

例えば由水十久の着物です。童子模様を描く方です。加賀友禅作家では珍しいといわれている童子模様を描いているため希少価値が高いようです。

次に松井青々の着物です。特徴は松の緑が描かれているもので、松の青々しさを表現していることから、松井青々という名が付いたそうです。 吉乃一廉の着物も大変価値があります。辻が花絞りをベースにして作り上げていきます。絞りを使ったデザインが特徴です。

最後に紹介するのは秋山眞和です。藍染のプロフェッショナルとして知名度が高く、もちろん着物の価値は大変高いことで知られています。花織りネクタイなどもあるそうです。 ここで紹介した有名作家はほんの一部ですが、有名作家による着物には付加価値が付き、買取価格も驚くほど高くなることがあるそうです。

素人目には有名作家によるものかどうか分からないかもしれませんが、宝石で言うところの鑑定書が一緒に保管されていることが多いので、査定に出す場合は着物と一緒に鑑定書も持っていくといいでしょう。

作家物訪問着を買取に出した方へのインタビュー

ここでは実際に作家物の訪問着を買取にだしたことのある方へのインタビューの様子をお伝えします。訪問着の買取において人気作家であるか否かが良く分かるインタビューになっているかと思います。作家物の訪問着をお持ちで今後買取に出すことをお考えの方は是非参考にしてみてください。

筆者 <訪問着を買取してもらう際に、誰が作った訪問着かというのは意識されましたか?また、実際にこの作家の着物・訪問着は高く売れたなどという体験談があればお聞かせください。

利用者Qさん <私が着物を買取してもらったのはもう随分前になりますが……。着物をもらったけれど自分では着る予定がないので処分しただけで、着物に詳しくなかったので、作家についてチェックしたりしませんでした。でも、たまたま有名作家のものが紛れていたようで、何という作家さんだったかも忘れましたが、査定してくれた人が何やら解説してくれていました。その着物はちょっと他より良い値段で売れた印象があります。

利用者Rさん <有名作家さんの着物は他より価値がありますよ。売る着物を整理する際には作家も併せてチェックしておくと良いです。ただ、よく勘違いしておられる方がいらっしゃるのですが、落款(着物における署名のようなもので、ハンコのようなデザインがあればそれが落款です)がある着物というだけであれば、有名作家のものだとは限りません。製造された工房や機屋の落款などの場合などもあります。作家を証明するには、証紙がある方が良いですよ。松井青々さん、吉田 昌二さん、福田喜三郎さん、吉乃一廉さんの着物などは人気もあり、高額査定が期待できるのではないでしょうか。

筆者 <人気作家さんの例示までありがとうございます。